なるにはQ&A はみ出しコラム

医療介護系の仕事と職業に必要な資格を一覧にまとめました!

投稿日:

日本では高齢化社会に伴って医療介護関係のお仕事は大変重宝され、その職業や資格保有者は就職や転職にも融通が効きやすくまだまだ需要と供給に乖離があるジャンルのお仕事で将来性があるといえます。

また、都心部以外の地方での医師不足は深刻な問題で医療関係者はこれからの日本を支えるための貴重な人材であることに違いはありません。

そのため、介護関係のみならず医療関係共に様々な職業や就業施設があるので今回は職業と必要な資格について一覧にまとめました。

<スポンサーリンク>

医療系と介護系の仕事の違いとは?

「医療関係者」や「医療従事者」と聞いてイメージしやすい職業は医師・看護師なのではないでしょうか?

逆に介護系の仕事として連想できるのは「ヘルパー」「介護福祉士」「ケアマネージャー」あたりでしょうか。

パブリックイメージは確かにそうかもしれませんが、実際のところは職業や資格で介護関係と医療系を分別することは難しく、働いている職場の施設のジャンルなどによって変わってくるというのが正解です。

例えば、介護老人保健施設で働いている看護師さんは介護関係の仕事を行なっているわけで、一概に看護師=医療系というのは間違いですし、実際に働きたい勤務地や仕事の内容次第では医療系にも介護系にも属するのです。

 

介護系と医療系の資格の比重

確かに、資格によっては介護専門の仕事と医療専門の仕事があるのは確かです。

その違いは「病院などの医療施設でしか働けない職種」「介護が必要な人や高齢者をサポートする職種」と区別してあげると考えやすくなるかと思います。

例えば、「臨床検査技師」という仕事は病院や医療関係施設での生化学検査やデータを主に扱う仕事であり、介護関係の仕事とは言えません。また「介護福祉士」も医療処置や医療行為は法律で禁じられており、主に介護が必要とされている要介護認定者の生活のサポートなどを行うのが主な仕事です。

そのような基準の元で資格や職業をみていくとどの資格を持っていればどういった場所で働けるのかも自ずとわかってくるので将来の進路の参考になるはずです。

 

職業の種類と必要な資格一覧

医療・歯学・薬学関係の仕事と【国家資格】

職業名(主な略称)
医師(Dr.:ドクター)
歯科医
保健師
助産師
看護師(Nrs:ナース)
診療放射線技師
臨床検査技師
理学療法士(PT:ピーティー)
作業療法士(OT:オーティー)
視能訓練士
臨床工学技士
義肢装具士
歯科衛生士
歯科技工士
救急救命士
あん摩マッサージ指圧師
鍼師
きゅう師
柔道整復師
言語聴覚士(ST:エスティー)
介護福祉士
薬剤師
管理栄養士
公認心理師

 

介護福祉系の仕事と【国家資格】

職業名(主な略称)
保育士
社会福祉士
介護福祉士
手話通訳士
精神保健福祉士

<スポンサーリンク>

理学療法士

その他の仕事と資格

 職業名(主な略称
臨床心理士
ケアマネージャー
ヘルパー
医療事務
 ソーシャルワーカー

 

医療系の資格と将来性について

これから進路を決めようとしている高校生や将来の仕事について知りたい学生の皆さんが気になるのが将来性ではないでしょうか?

将来性といっても「職を失うリスク」「安定している仕事」「独立できる資格」などその人の価値観や考え方によって将来性は大きく異なってきます。首を切られることなく一生安定して雇用されたいのか、技術や知識を研鑽して将来は独り立ちしたいのかなどによっても「将来性」という意味は異なってきます。

【開業権】が与えられている資格と仕事

日本には独立しても良いと国が認めている資格があり、その資格には「開業権」という独立して事業を行っても良いという権利が与えられています。逆にこの開業権が無い資格の仕事に関しては独立した事業は法律で禁じられているため違法となります。

せっかく勉強して取得した資格であっても開業権が無い場合はその資格名を名乗った営業や事業を行うことはできませんので注意が必要です。

医療介護系の仕事は食いっぱぐれなし!?

政治や経済事情が就職活動や転職活動に影響するように医療介護系の仕事にも若干影響はありますが、全体的な傾向からすると求人に対する募集人数に対して応募者や勤務希望者の方が不足している傾向にあります。しかも、都心部から離れた地方や農村部などは医療過疎状態であり、医療施設や介護施設の数が少ないというのが現状です。

医療関係や介護関係の仕事の両方に言えることですが、自分から退職や離職などを申し出ない限りはよっぽどのことがない限り雇用状態は安定していると言えるでしょう。

しかし、都心部やネームバリューがある施設などの求人倍率は高めになる傾向があったり、そもそも求人自体を表に公開していない医療機関(特に大学病院など)なども多いのでそこは理解しておきましょう。はじめから働きたい医療機関や施設が決まっているのであれば提携大学や研修先として提携している大学や専門学校を選んでみるのも作戦としては非常に有効です。

<スポンサーリンク>

理学療法士

-なるにはQ&A, はみ出しコラム
-

Copyright© リハビリスタイル .NET , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.