なるにはQ&A

理学療法士になるには学校の費用(学費)はいくらかかりますか?

投稿日:2015年9月10日 更新日:

A.理学療法士になるためにかかる費用は進学する養成校により異なるのが現状です。

学費が安い理学療法士養成学校は県立学校や公立の学校になります。

高校の場合と同様で、私立系の専門学校や大学は国立や公立・県立学校に比べると費用はかなり高くつきます。

3年生と4年生の場合でも総額で差が出てしまい、4年生の学校の方がトータルで必要になる学費は高くなります。

<スポンサーリンク>

実際にいくらぐらいかかるのかというと、

私立系専門学校or大学の場合:450万〜750万

国立・公立系学校の場合:200万〜300万

 

4年生よりも3年生の方が安く、昼間部より夜間部の方が総合的にかかる学費は安く済ませることができます。

 

最後に注意点を述べておきます。

注意点としては、臨床実習の際の交通費や宿泊費・教科書代・器具代など学校生活で必要になる費用が学費に含まれている学校とそうではない学校があります。

一見安いように思えても追加徴収で結局高くついてしまう学校もあるので、事前に資料請求やオープキャンパスなどに参加して進路相談してみると具体的に教えてくれます。

親切な学校は資料やホームページをみれば情報公開されているので参考にされてみるといいですよ。

<スポンサーリンク>

理学療法士

-なるにはQ&A
-, ,

Copyright© リハビリスタイル .NET , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.