なるにはQ&A リハビリの仕事 失敗しない学校選び

憧れの理学療法士になる方法-リハビリの専門職になるには?-

投稿日:

当サイトではリハビリテーションの臨床スペシャリストであるPT(理学療法士)になる方法や流れを中学生および高校生向けに解説しています。一部の内容を除きOT(作業療法士)やST(言語聴覚士)を目指す学生さんも参考になる内容を心がけておりますので、ゆっくりご覧ください。

アナタがこれから理学療法士の卵(PTS)になるために、現役の理学療法士(RPT)が応援サポートします♪

<スポンサーリンク>

理学療法士になるにはどうすればなれるの?

233995理学療法士になるためには文部科学大臣および厚生労働大臣が定めた大学や専門学校に最低でも3年間通う必要があります。

この3年間というのはいわゆる「理学療法士試験(国家試験)」を受けるための受験資格の条件の一つとなります。よって、3年間勉学に励めば誰でも受験資格を得ることができるというわけではなく、3年以上勉学に励みかつ厚生労働省および文部科学省が指定する所定の単位を取得する必要があります。

大学の場合は当然4年間通わなければいけないのですが、一部の専門学校だと最短3年で資格を取得することができる学校もあります。

理学療法士試験を無事合格することができれば、「理学療法士」となることができるのです。

 

大学や専門学校の種類はどれぐらいあるの?

厚生省および文科省が定める学校の種類は主に「大学」「専門学校」「短期大学」となります。

養成校は全国に点在しており、それぞれ国立・公立・私立・県立の学校があります。

学校の種類によって通学年数・学費が異なっており、この辺りは他学科の学校の場合と大きな違いはありません。

いずれにせよ、先に述べた所定の単位を取得することができる養成校に進学することで、理学療法士や作業療法士といったリハビリテーションの専門資格を取得することが可能となります。

 

学校選びのポイントは?

233989

学校の選び方はアナタ次第です。

そういうと聞こえが悪いようですが、「どういった理学療法士になりたいのか」が明確になっていればなっているほど学校の選び方はより簡単になってきます。

逆にまだまだ不明確というアナタは焦る必要はありません。ゆっくり焦らずに、どんな仕事があるのかを知ることでボンヤリとしていたものがいくらか明確になるはずです。

多くの学生さんは「年数」「大学か専門学校か」で悩むことでしょう。

その点に関する私なりの意見も述べさせていただいていますので、対象となるコンテンツをぜひご覧ください。

<スポンサーリンク>

理学療法士

進学先も重要!?学校イメージは明確にしておくと更にGOOD!

234774

大学か専門学校かなど学校の種別が明確になったら、次はいよいよ学校選びの作業に取り掛かりましょう!

地元にするのか、県外や都内にするのかなど、所在地で選んだりすることも重要ですが、それだけではなくしっかりとキャンパスイメージを作り上げておくとより学生生活が楽しく充実したものになるでしょう。また受験に対するモチベーションもアップすること間違いなしです♪

いざ、進学してみて「こんなんじゃなかった〜〜〜」となっても遅いですからね。笑

オープンキャンパスと資料請求は必ず行うようにして、事前調査を早い段階から行っておくことをオススメします。

 

「私の学校選び」経験談

参考までに私が進学先を決定するまでの過程を簡単にご紹介します。

高校2年時:リハビリテーションの仕事を知り少しづつ調べ始める。

高校3年時:作業療法士ではなく理学療法になることを決意し、進学先は自宅から通える県内を第1希望にし、ダメだった場合の第2志望校を都内にする。その後、1県1都の大学と専門学校の学校資料を片っぱしから収集し、魅力的な学校を絞り、夏のオープンキャンパスで実際に校風や先生・先輩たちの印象をチェック。対応や雰囲気の良い学校に絞り込み成功。

今だと無料で色々な学校の資料やパンフレットを請求できる進学サイトなどもあって便利になっているので使わなきゃ損です。

オープンキャンパスの情報や全国の学校情報なども調べられるのが GOODです!

ptnaru1_b

なるには進学サイト

都道府県や大学・専門学校などの条件から学校を検索することができる非常に使いやすい進学サイトです。資料請求もまとめてできるので、理学療法士系の学校以外もまとめ請求できます。

公式ホームページ

ptnaru2_b

リクナビ進学サイト

進学サイトでは超有名な「リクナビ」が運営している進学情報サイトです。全国の学校情報が網羅されているので、どんな業種や資格があるのか他のお仕事情報も満載です。

公式ホームページ

 

 進路の決定は早いに越したことはない!

234002

理想としては高校3年生のオープンキャンパスまでにはある程度の進路と学校の絞り込みを行っておけると良いですね。学校見学など個別で申し込み対応をしてくれる学校も多いですが、理学療法士や医療系学校の入試には「面接」が必須です。

医療人として求められるのは「学力や知識よりも人間性」です。

面接対策としても第一志望校には必ず足を運ぶようにしてください。決め手となった理由に「実際にオープンキャンパスに参加して、在校生や先生方に直接話を伺う中で学校の雰囲気や環境がとても魅力的で、ココで勉強したいと強く思いました」など説得力と志望理由を明確に伝えることができます。「地元だから」「通学が楽で親にも迷惑をかけずに済むから」などの”私的な理由”よりも、学校の魅力を感じ取って志望してくれたという志望動機を言ってくれた方が面接官も嬉しいものです。

また、オープンキャンパスなどで実際に話した先生が面接官になることも多いので、「あ、オープンキャンパスに参加してくれていましたよね」と覚えていてくれたり、一気に面接の雰囲気が和むこともよくあります。

医療系学校の面接は”どんな人”なのかを見られます。事前に人当たりの良さや、熱い思いを一生懸命伝えれば大丈夫です。明らかに準備してきたような対応や、淡々と答えるロボット的な対応よりも、「言葉はタジタジだけど笑顔で一生懸命」という人の方が私だったら採用します。

理学療法士という仕事は常に人に接する仕事であり、いわばサービス業や接客業の一種です。そこを理解していくと、どんな人が求められるのかが分かってくると思います。

アナタも素敵な理学療法士を目指してくださいね♪

 

オープンキャンパス情報や学校資料一括請求はこちらがオススメです!

ptnaru1_b

なるには進学サイト

都道府県や大学・専門学校などの条件から学校を検索することができる非常に使いやすい進学サイトです。資料請求もまとめてできるので、理学療法士系の学校以外もまとめ請求できます。

公式ホームページ

ptnaru2_b

リクナビ進学サイト

進学サイトでは超有名な「リクナビ」が運営している進学情報サイトです。全国の学校情報が網羅されているので、どんな業種や資格があるのか他のお仕事情報も満載です。

公式ホームページ

<スポンサーリンク>

理学療法士

-なるにはQ&A, リハビリの仕事, 失敗しない学校選び

Copyright© リハビリスタイル .NET , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.