リアルな年収や給料事情

リハビリ専門職の職業別の年収相場は○百万円!

投稿日:

リハビリテーションを行う先生たちの主な資格は「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」の3職業です。それぞれの専門職はまさにリハビリのプロ達です。

そんな専門家の先生たちの年収は一体どのくらいあるのかご存知ですか?

今回は、厚生労働省が毎年調査している賃金構造基本統計調査のデータを元にまとめてみました。

<スポンサーリンク>

日本全体の平均年収は約300万円

現在公開されている最新の情報では日本における平均年収は299.6万円との結果が出ています。これは男女合算の場合なので、パート労働の主婦の方の給料も含まれたないようになっています。

一般的な男性の平均年収は329.6万円となっているので、正社員として通常勤務をする場合の目安としてはこちらの数字を参考にした方が良いと思います。

リハビリの職業は男女で給料が異なることはありませんし、資格に対して給料は一律です。

働く職場によって専門学校卒業か大卒かで公務員同様に初任給が異なる賃金形態を採用している病院などもありますが、多くの場合は学校の種類を問わず一律だと考えても良いと思います。

では、リハビリの職業における平均年収は一体いくらぐらいなのか次に記述します。

リハビリ従事者の平均年収は約390万円

リハビリテーションを生業とする理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の平均年収は約390万円と成っており、一般的な平均年収と比較すると高いことが分かります。

ただし、その平均年収も年々低下傾向にあり、少子高齢化が進む今後も右肩下がりになっていくことでしょう。

このことは、リハビリの職業にだけ言えるわけではなく日本全体の社会問題の一つです。

390万円と言う数字はあくまで平均であり、300万前後の職場も存在していることは事実です。

 

この数字をどう受け止めるかはあなた次第ですが、給料面よりも働きがいがある職業なのかどうかを判断材料にして将来なりたい職業を決定することがとても重要です。

給料は高いけど辛い仕事をしていても楽しくありませんよね?

<スポンサーリンク>

理学療法士

-リアルな年収や給料事情
-, ,

Copyright© リハビリスタイル .NET , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.