資格の基礎知識

リハビリの種類と職業名(資格名)について

投稿日:

病院や整形外科、老健施設やデイサービスなどでリハビリを行う先生達の仕事って気になりませんか?

今回の内容はリハビリテーションの先生になるための職業名(資格)についてまとめています。

<スポンサーリンク>

リハビリテーションの職業名と資格名

職業名 国家資格
PT:理学療法士 理学療法士免許
OT:作業療法士 作業療法士免許
ST:言語聴覚士 言語聴覚士免許

 

リハビリテーションに従事しているリハビリの先生達はそれぞれPT・OT・STと医療機関では呼ばれます。

PT・OT・STは正式英語名称の略称です。

以下に詳細を記述します。

PT Physical Therapist

(フィジカルセラピスト)

OT Occupational Therapist

(オキュペーショナルセラピスト)

ST Speech Therapist

(スピーチセラピスト)

それぞれのセラピストであることに変わりはありませんが、どの機能改善に対して専門性を有しているかによって資格が異なります。

一般的な解剖学や生理学や病理学など医学的知識に差はありませんが、治療技術の面で特化した職業がそれぞれの資格に該当します。

医師は主に診断を下すことが主で、その後の治療はリハビリの専門家に指示が出されることで失われた機能の改善を目的にリハビリテーションが行われるといった流れです。

 

これから、それぞれの専門職を目指すに当たってアナタがどの治療技術に特化したいか、あるいはどういった疾患を患った患者様を良くしたいかによっても目指す職業が異なります。

PTとOTの線引きは結構曖昧で、職場により職域が全く異なることも珍しくありませんが、STの場合は高次脳機能や言語機能に特化しており、身体を動かすというよりも首から上の領域に対する治療が行われます。

PTとOTは四肢や体幹など頚部から下の部分の機能改善が主ですが、OTの場合は精神疾患や発達障害などに対しての治療が支持されることもあります。もちろんPTも同様の疾患の患者様のケースを担当することもあります。

この辺りのPTとOTの線引きに関しては説明が必要なので、また別の記事でまとめようと思います。

<スポンサーリンク>

理学療法士

-資格の基礎知識
-, , ,

Copyright© リハビリスタイル .NET , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.