はみ出しコラム

スポーツトレーナー有資格者の平均年収と給料は?独立で高収入になるのはなぜ?

投稿日:

スポーツトレーナーの仕事と聞くと真っ先にイメージできるのはプロ野球選手やサッカー選手の専属トレーナーや球団の専属トレーナーなどではないでしょうか?

その他にもオリンピック日本代表のナショナルトレーナーやジムのインストラクターなどもスポーツトレーナーです。

実はスポーツトレーナーという仕事そのものは無資格でもスポーツに関するトレーニング方法や栄養指導ができるように勉強をして知識と経験を積めば誰でも「スポーツトレーナー」と名乗ることができます。

こちらの記事でも触れていますが、医療関係の資格を保有している人がスポーツリハやスポーツ医学を勉強してスポーツ現場で活躍しているケースも実に多いのも現場です。

医療系の資格に比べるとサラリーマントレーナーではやはり給料が劣るため、スポーツトレーナーになるなら「食えるトレーナー」になることを目標にし、しっかりと進路や将来の指針を明確にしておくと良いでしょう。

特にスポーツトレーナーを本気で極めたいのであれば、国内では「AT」の資格を取得できる限られた大学に進学するのが非常に有効です。トレーナーではなくATというだけでスポーツ業界では抜きん出た存在になれるはずです。あとは己の力量と裁量でどうにでもなるのがスポーツトレーナーの魅力といえます。

<スポンサーリンク>

スポーツトレーナーになるなら「AT」の資格取得がおすすめ

参考記事:スポーツトレーナーの資格の種類と仕事

 

スポーツトレーナーの平均年収

スポーツトレーナーの平均年収は決して高くはありません。おおよそ200〜500万程といったところではないでしょうか?他の仕事と比べても年収の幅はあるのが特徴でまさにピンキリな仕事がスポーツトレーナーです。

皮肉なことにいくら知識と技術に長けていても給料や収入が高くなることはありません。全ては働く場所と働く形態によって大きく変わってくるのがトレーナーです。

 

給料の差はなぜ生じるのか?

スポーツトレーナーが活躍できる場所はスポーツ分野に限られるのでパイが狭く、高収入が期待出来るプロ球団やチーム専属の契約を勝ち取れる人は少数です。また、すでにその椅子に座っている猛者がいればなかなかその席が空くことはありません。

有名トレーナーに弟子入りをしたり師事することで次の椅子に座ることができるかもしれませんが、そのように考える人は多数いるでしょうからそれも競争になります。

戦いに敗れてしまったり、戦うことを選択しなかったトレーナーの多くが町のスポーツジムや整形外科・スポーツ施設などでのトレーニング指導や教室などで生計を立てることが一般的で、休みの日に近くや交流のあるクラブ・実業団・部活などのトレーナーとして忙しい生活をしています。

職域が他の資格に奪われており働き口が少ないという理由もありますが、スポーツトレーナーはスポーツのまさにプロなので特定の層からは強い需要があるのも事実なのでそのことを忘れないでください。

 

スポーツトレーナーは人脈が超重要

高給取りになることを前提に話を進めると、名のあるトレーナーやスポーツの名門校などでトレーナーとしての功績が認められればトッププロの専属トレーナー契約を結べることもあります。

学生時代からお世話をしていた選手が大物になって「〇〇さん、大会に帯同して欲しいです!謝礼はお支払いしますので!」なんて単発の契約から年間契約まで発展するケースもあります。

また、スポーツ機関や施設・スポーツドクター(チームドクター)などから声がかかることもあるので人付き合いが得意な方は何かと得するというのも事実です。

スポーツ団体や協会に所属したり、講習会や研修会に参加して人脈を構築したりすると道が開ける可能性が高くなります。どれも若いうちから積極的に行動するのがオススメです。

<スポンサーリンク>

理学療法士

給料や収入はピンキリ!青天井ともいえます

地域の請負トレーナーなら本当に高校生のアルバイト以下の給料であったりすることも事実です。いきなりフリーでトレーナーとして活動するにはリスクが高すぎるので、顧客を確保しつつ個別の依頼が来るようになるまでは組織に属してサラリーマントレーナーをしながらその合間を縫って個人活動をしていくとリスクが減ります。

「面倒なことは嫌だ!絶対にプロと関わる!」という思いがある方は直接扉を叩いてみるのも有効かもしれません。行動しなければどう転がるかは分からないのでここではあえて触れないこととします。

とはいっても、専属トレーナーや個別トレーナーになることは十分可能です。スポーツの知識を活かしたダイエットやエクササイズの需要は相当なものです。自分が考案したエクササイズやトレーニング方法が注目されれば一攫千金のチャンスだってあるのです。メディア露出とマーケティング次第では自分を商品化して販売することも今の時代だからこそできる一つの手段です。

 

独立したいなら学生時代の過ごし方も大切

「独立するorしない」に関しては議論の種になりそうですが、「独立したい!」という熱い思いをお持ちの方のためにここでは学生生活の過ごし方について少し触れたいと思います。

私がおすすめする方法は学生時代から本気でスペシャリストを目指す努力をしてください。その努力が同級生または大先輩達も出し抜くほどの大きな差につながります。

「ボランティア」はとても大切で大学が斡旋している団体、出身高校、協会や都道府県が募集している団体で活動をしたり、学生参加OKの講習会などに積極的に参加してみましょう。お金を得ることはできないかもしれませんが、そこはお金に変えられない価値があると割り切りボランティア精神で取り組むと後々の糧になります。

<スポンサーリンク>

理学療法士

-はみ出しコラム
-, , , ,

Copyright© リハビリスタイル .NET , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.